過ぎたるは猶及ばざるが如し 

最近の自動車には

様々な 運転支援システム が搭載されています

PC200580.jpg

例えば オートクルーズ や 全方位カメラ
更には 車線逸脱防止 とか 自動ブレーキ
終いには 自動ハイビーム
これに至っては指先動かすだけだべ・・・なんでもかんでも自動にしなくてもいいべよなぁ・・・ (´д`;)

まぁ
その最終形態は 自動運転 なんだろうけどさぁ・・・



そんな運転支援システムですが
今回は 自動ブレーキ にまつわる話を

PC200582.jpg

2年前の話ですが

とあるメーカーのディーラーでは追突事故の加害側になる事故が

自動ブレーキ搭載車の普及で
前年までの平均の 7割減 になったそうです

その翌年

追突する事故は変わらず少ないものの

逆に追突被害事故が
前年までの平均の 1.5倍 に跳ね上がったとか

後ろの車は自動ブレーキでなかったんだねぇ・・・   (-_-;)

ただ
この3年間の 特に冬季 の事故形態で

数は多くないものの

目立つようになってきたのが
ツルっツルの アイスバーン で
自動ブレーキ作動! ブレーキロック!!     (;゚Д゚)

・・・経験のある方なら容易に想像できると思いますが

そのまま
なすすべなく追突・・・    (_ _|||) そりゃそうだべ

まぁ

大前提に自動ブレーキが作動しない運転をしなければならない訳ですが・・・



どんな装備にもメリット&デメリットはもちろんあるわけで

あくまで
それを使うのは  なんです

完璧ではないです

そして
その装備は 機械 なんです

必ず故障や不具合を起こします

タイトルの言葉がピッタリ当てはまるか自信はないですが

それを理解していなければ

折角の便利な機械も装備も意味がなくなってしまうと思っています






正直なところ

自家用車向けの自動運転の車って必要なんだべか

自分で運転しない自動車を所有する意味・・・

分かんねぇな・・・
















スポンサーサイト

タイヤ交換 

タイヤ交換料金(ホイール付1台分の税込み価格です)

軽自動車    ¥1,200- (15インチ以上は¥1,600-)

普通車       ¥1,600- (18インチ以上は¥2,000-)

RV・1BOX    ¥2,000-

今年もお値段据え置きで頑張ります!!        p(^o^)q 


事前にご連絡いただけると
お待ちいただく事なく作業に取り掛かります!

お電話お待ちしております  <(_ _)>
☎011-377-3271

住所は北広島市大曲緑ヶ丘1丁目1-22
三井アウトレットパークさんやコストコさん北広島ICのすぐ近くです!!

※11月25日までこのページがTOPになります
更新記事はこの下からです
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

除雪機もお任せ下さい! 

気の早い話かと思われるでしょうが

雪が降ってから慌てないよう

余裕のある今のうちに

除雪機 の 点検整備・修理 をお勧めします


PB130054.jpg


弊社にお持ち込みいただけない場合でも

札幌市・北広島市・江別市・恵庭市 の方であれば

お引き取り&納品の費用を 一律3,240円(税込) で承ります

エンジンがかからず動かせない場合の費用は

サイズにより 5,400円~8,640円(税込) となります

注 : 点検整備・修理の工賃、部品代は含まれておりません



ご相談、お問い合わせはお気軽に
☎ 011-377-3271へ
ご連絡をお待ちしております     <(_ _)>





※10月31日までこのページを掲載します
更新記事はこの下からです
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




規格のお話 その参 

欧米の自動車メーカーには
アプルーブドオイル とか
メーカーアプルーバル などと呼ばれる

自動車メーカーが承認するオイルがあります

各々独自に自社の自動車の特性に合わせたオイルの規格で

APIやACEAの品質(性能)より求められる要件が多く

オイルメーカーは自動車メーカーのテストや審査を経て

初めて自動車メーカーの承認取得オイルとして販売可能になります

例えば

P7040496.jpg
VW 504 00/507 00 は

P7040497.jpg
フォルクスワーゲン&アウディ の規格です

他にも
メルセデス の MB 229.52 とか
BMW の LL-01
GM の LL-B-025 などなど・・

各メーカーの独自の規格があります



あまり規格に神経質になる必要はありませんが

エンジントラブルの時に

自動車メーカーの保証期間内でも

規格外のオイルを使用していると

保証の対象外となる場合がありますので注意が必要です

あと
マニュアルや保証書に小さい字で書かれてたりとかね・・・      (^_^;)








ちょっとしたお問い合わせからの記事になったけど

一口にエンジンオイルっていっても

規格や種類など多種多様

だけど在庫の数は諸々の理由で限られてしまう

限定された条件の中での商品の選定って

まぁず難しいわ             (´д`;)













規格のお話 その弐 

エンジンオイルの規格には

大まかに言うと
アメリカの API 規格    例えばSN/CF や
ヨーロッパの ACEA 規格    例えばA3/B4 などがあります



その他にも

これに見覚えはありませんか?

P7180491.jpg

とか

P7190491.jpg

リヤウィンドにありますよね?

このステッカーが貼ってある車両には
日本とアメリカの ILSAC 規格    例えばGF-5 が推奨されています

そのワケは
この ILSAC って規格には API の品質(性能)に
一段と高い 省燃費性能基準 が加えられているからです

P7040493.jpg

P7040495.jpg

0W-20などの非常に粘度の低いものが多いです







では

この規格推奨の車両に従来の規格のオイルを使うとどうなるか・・・

実際に使い比べたところ
やはり 燃費 が悪化しました       (x_x;)

もちろんエンジン単体では特に目立った影響はありませんでしたよ




その参へつづく




skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2018 (有)エチゴ自動車工業 all rights reserved. Powered by FC2ブログ